午後の雨

らくがき未満

雨の雫

午後の雨が、降りしきる。雨の音を聴いた場所は、東京。または、どこかの国。

 

雨が降るたびに、微妙に異なる感情を重ね合わせる。

それらは液体にもかかわらず、徐々に堆積して、ひとつの大きな塊となっている。

 

あるいは私は、悲しむために生まれてきたのか?

自らの限界を、人々の悪の根源を、残酷な自然の原理を憎むために生まれてきたのか?

 

声を、感情を、刺激を覆い隠して生きていかなければならない。

感覚に忠実に生きれば、待っているのは制裁だけだ。

 

感覚は、雨の一雫のように脆い。

しかしそれでも、自分の五感と心、色と光が何よりも大切なのだ。

 

色と光は、あくまで自由を求め続ける。

私の魂は、堆積する雨の中で、囁き続ける。