午後の雨

らくがき未満

土曜の昼下がり

華金を終えて、土曜日の正午近くに目がさめる。

窓を開けて、空が青いことを確認する。

電気もつけないまま、ソファに座り、IPAの瓶を開ける。


ビールの味が、舌を通して心地良い憂鬱感と溶け合う。

 

ベッドの上に再び寝転ぶ。平日の倦怠感を未だに引きずっている。

くだらないと思いながら、昨日の飲み会のことを思い出す。

 

「いつか、自分の人生を劇的に変えてしまうような、素晴らしい女性に会えないだろうか」

 

天井を見つめながらそう思う。

一方で、「別に、昨日の飲み会のようなくだらない生活でもいい」とも考える。

 

自分は、人生を楽しんでいる方だとは思う。だからこそ昔から「死にたくない」という思いが人一倍強かった。それは、お気に入りの映画が終わってほしくない感覚と似ている。

 

自分の人生に向けて語りかけてくる声は、「死にたくない」という強い感情なのだ。

 

死ぬ前に何かをしたい。何かを残したい。自分はいつか必ず死ぬ。

 

動かしがたい事実が、私の人生に「意味」を要求する。

 

ベッド脇の壁にもたれかかった。

音楽を聴きながら、静かに2本目のビールの瓶を空けた。

広告を非表示にする