午後の雨 / Rain in the Afternoon

らくがき未満 / less than sketches

考え事

想像力

想像力とは、恐ろしいものだ。 自分を天高く飛ばすこともあるが、奈落の底に突き落とすのも想像力だ。 私の想像力は、私にとってはまったく外部にあり、自分でコントロールすることは不可能に近い。そのリヴァイアサンは、何かを引き金にして、「不安」とい…

書くことについて

書くことは、対立することなのかもしれない。 書くことを通して、自分自身や、世界と対立し、乗り越えて形にする。 大学院に入学し、修士論文を書くにあたって、早くも壁にぶち当たっている。 その「壁」はいくつもあるのだが、その壁の一番大きな部分はやは…

考え事

礼文島から帰還して、数週間が経った。 大学院の授業までにはまだ間がある。その間、近所を散歩しながら自身の生き方等について考えた。思いついたことを、論理性を無視してとりあえず書いてみる。 -- 自分は変わる。社会も変わる。 しかし、自分の変化はあ…

違和感

礼文島から去って1週間が経った。 もうすっかり名古屋は春の匂いがする。先週まで礼文島にいたなど嘘のようだ。 歩きながら、考える。自分は20歳の時、何を感じたのか。 何を追い求めていたのか。なぜ礼文島に行ったのか。 20歳の時に三田キャンパスで感じ…

お金という「発明」

東京で4年半暮らしたあと、島で2年間過ごした。 私は学生時代、いわゆる「資本主義」、グローバリズムというものを毛嫌いしていた。 東京で生活していて、労働市場というように、人間も含めたあらゆるものに値札が付いている社会が嫌いで、カール・マルクス…

掴みかけているもの、あるいはまったく掴めそうにないもの

「春の嵐」ー私の住む礼文島にとっては完全に冬の嵐ーが、かなりの量の雪を残して、北海道の北のほうへ去っていった。 島に春が近づくということは、私にとって島を離れる時期が近づいているということだ。事実、あと2週間で私は島を去る。 この島で何を得て…

何かを捨てるということ

何かを捨てるということは、意外と簡単だ。 人生をやり直したかったら、環境を思い切り変えればいい。 私自身、東京暮らしを捨てて日本最北の離島で仕事を始めた。 しかし、どうしても捨てることのできない、厄介なものがある。 それは、他でもない、自分自…

雨の雫

午後の雨が、降りしきる。雨の音を聴いた場所は、東京。または、どこかの国。 雨が降るたびに、微妙に異なる感情を重ね合わせる。 それらは液体にもかかわらず、徐々に堆積して、ひとつの大きな塊となっている。 あるいは私は、悲しむために生まれてきたのか…

2018

「一年の計は元旦にあり」ということで、自分の生き方を再検討する。 ここでは、その目的を達成するために、大学時代の友人で現在千葉県いすみ市で地域おこし協力隊をしているAくんと比較する。 Aくんは自分と同様、仕事における自由を求めている。しかし、…

25

19歳でトロントへ短期の語学留学をした。 そのとき先生に将来の希望を聞かれ、「研究者になりたい」と言ったのをふと思い出した。 いつのまにか6年が経った。驚きである。 かなりの紆余曲折があった。 慣れ親しんだ東京の街を去り、北の果ての離島・礼文島で…

午後の雨

雨が降ってきた。私はジャズを聴きながら、紅茶を手元に置いてゆっくりと本のページを繰っていた。曲の合間にかすかに屋根に当たる雨の音が聞こえてくる。 本を閉じると、目の前に現れたのは礼文島だった。もうすぐ5月。礼文島は観光シーズン本番へと突入し…

自分の中の神話

少し、自分の過去を振り返ってみようと思う。 自分は、記憶の中にひとつの神話を持っている。それは20歳のときの話だ。 大学3年の当時、軍靴ならぬ就活の足音が聞こえてきたころの話。 20歳になった私は、はじめて自分の死、自分の社会的役割、そして人生の…

「生きづらさ」の正体

生きづらい。ひとりの若者として、漠然とそんなことを感じていた。私だけではない。街を歩けば、テレビをつければ、SNSをのぞけば、そこには「生きづらさ」の言説が溢れている。しかし、それはなぜだろう?私は、ずっとその正体について漠然と考えて来た。 …

戦争について、最近思ったこと

朝鮮半島関連の最近のニュースを見て、なんとなく思ったことを書き留める。 今、ニュースなどで、「北朝鮮に向かってアメリカが先制攻撃する」「朝鮮半島で戦争が起きる」などと煽られている。ネットニュースにつけられたコメント欄にも、戦争への願望で溢れ…

島にいた夢

2016年が終わった。私にとってはあっという間だった。 まるで、島にいたという長い夢を見ていたようだ。帰省した都会の空気は汚く、情報は多く、住み慣れたはずの街に強い違和感を抱いている。 島の生活、島の人々の価値観に同化したわけでも、賛同したわけ…

障害者問題について23歳が考えてみる

久々に考え事をしたので、書き留めておく。 最近、身近な人が会社を辞めた。「発達障害」「ADHD」だったそうだ。病院で診断されるまで、自分がそうであるということ自体、彼/彼女は知らなかったらしい。彼/彼女は、診断時に障害者手帳を取得し、今後はその枠…